法人の開業祝い

華やかな見た目に加えて「幸福が飛んでくる」という花言葉からも、開業祝いに胡蝶蘭は適した贈り物です。定番といえども、花の色や本数などで雰囲気が変わるため、贈る相手によって合わせやすいのも特徴の一つ。しかしその分、種類が豊富なため、どのような胡蝶蘭を選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

スタンダード法人の開業祝いでのスタンダードは、白い胡蝶蘭3本立ちです。白という色はまっさらな状態をイメージさせるため、新しく事業を始める時によく用いられるカラーになります。また、どのような場所にも馴染みやすいことから、選ばれやすい色として人気が高いです。そして花の本数では、3本でも大輪のものならば十分華やかに見えるでしょう。大きな会社ならばお祝いの胡蝶蘭を多く頂くことがあるため、他と差をつけるには目立ちやすく工夫するのも大事なポイント。本数を増やして5本立ちの大輪を贈ると、より豪華な印象を与えます。カラーにしても、花弁にピンク色が入ったものはぱっと目を引くので、白では物足りない時に選んでみてはいかがでしょうか。

その他、花弁にメッセージを刻めるサービスも人気のようです。どのような胡蝶蘭にしても、贈る方のお祝いする気持ちが十分表現できるものを選びましょう。

関連リンク / 胡蝶蘭お祝い

個人の開業祝い

胡蝶蘭法人設立のお祝いでは、立派な胡蝶蘭がたくさん並びます。大規模な会社になればなるほど、お祝いも盛大に行いますし事務所も広々としていることが多いため、大ぶりな花を贈るのが定番です。一方、個人経営の会社やお店では、規模が小さく事務所もそこまで広くないことも。そのような場合、せっかくのお祝いでも法人用の胡蝶蘭は場違いになりかねません。

小規模の個人経営の会社には、3本立ちの胡蝶蘭でも良いのですが、特におすすめなのはミディタイプ。ミディタイプの胡蝶蘭は、通常法人用として使われる大輪の胡蝶蘭と比べて、高さも花の大きさも小さめになっています。それでも20輪以上もの花がついており、胡蝶蘭ならではの華やかさは失われていません。コンパクトなサイズのため飾りやすいのも特徴の一つ。小規模の事務所の他、友人が開業した際のお祝いとしても人気があります。ミディタイプでも5本立ちならば、3本立ちよりも花数が多く豪華で、価格も1~2万とリーズナブル。元々小さめに作られているため、5本立ちくらいが丁度良いのではないでしょうか。

また、ミディタイプの胡蝶蘭にはメッセージカードを付けると、よりお祝いの気持ちが伝わりやすくなります。胡蝶蘭を贈る際は、ぜひお店でできるサービスを確認してみてください。

次の頁 / 法人の開業祝い

開業祝いに胡蝶蘭

知り合いや取引先が新しく事業を始めた際に贈る「開業祝い」。現在は花だけではなく、電化製品がギフトとして選ばれることも。ここまで種類が多いと一体何を贈れば喜んでくれるのか迷ってしまいがちです。相手の欲しいものが明確でない場合や、何が良いか分からない場合は、開業祝いとして人気の高いものが参考になります。

胡蝶蘭開業祝いといえば、胡蝶蘭を贈るのが定番です。胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉と鉢花の「その場に根付く」という意味が込められており、今後の事業進展や商売繁盛を願う気持ちを表すことができます。また、他のフラワーギフトと比較しても長持ちし、1~2ヶ月は飾っておくことができるでしょう。このように、縁起の良い花言葉と手入れの手軽さから、胡蝶蘭はお祝いの品として人気が高まりました。胡蝶蘭のスタンダードは白の3本立ちですが、中には5本立ちのものやピンク、赤など色のついた花もあり、より目を引く種類があります。さらには、通常のフラワーギフトではサイズが小さいと少々見劣りする場合もありますが、胡蝶蘭は一本に多くの花がついているため、小さくても華やかさは健在です。開業祝いでは、相手の事務所の規模に合わせた胡蝶蘭を選ぶと良いでしょう

胡蝶蘭はお祝いの気持ちを表すものであるため、その準備は入念に行う必要があります。そこで当サイトでは、贈り先に合わせた胡蝶蘭の選び方をご紹介。ぜひ当サイトを参考に、お祝いの場を盛り上げる素敵な贈り物をしましょう。

次頁 / 個人の開業祝い

Top